2013年02月11日

出演者紹介〜リクオ〜

こんにちは。
さて、いよいよ紹介更新もこれでラストになります!

残すは出演者1組、『ローリングピアノマン』の愛称でお馴染みのこの方!

■リクオ

RIKUO(1).jpg RIKUO(4).jpg

MCCB.jpg

京都出身。ニューオリンズピアノ、R&R、ブルース、ジャズ等に影響を受けたグルーヴィーなピアノスタイルと、ソウルフルなヴォーカル、切なさのつぼを押さえた楽曲で、注目を集める。年間120本を越えるライブツアーで鍛えられたファンキーなライブパフォーマンスは、世代・ジャンルを越えて熱狂的な支持を集め、いつしかローリングピアノマンと呼ばれるようになる。

2010年には忌野清志郎との共作「胸が痛いよ」のセルフカヴァーを含む完全ピアノ弾き語りカヴァーアルバム「リクオ&ピアノ」をリリース。

2011年に入ってからはウルフルズのウルフルケイスケとコンビでの全国ツアー『MAGICAL CHAIN CARAVAN』が大きな反響を呼び、その流れで2012年よりウルフルケイスケ、寺岡信芳(元アナーキー)、小宮山純平(元cutman-booche)と『MAGICAL CHAIN CLUB BAND』を結成。現在はソロ、セッション活動と平行して、こちらのバンドも活動中。
2012年4月には29人のアーティストとのコラボ・ライブアルバム「HOBO CONNECTION Vol.1」(2CD+DVD)をリリース。リリースに合わせてコラボ・ライブイベント「HOBO CONNECTION2012」を各地で10公演開催。10月にはMAGICAL CHAIN CLUB BANDの1st.アルバム「MAGICAL CHAIN CLUB BAND」をリリース。そして今年も3月10日の下北沢ラ・カーニャから計9公演の「HOBO CONNECTION2013」をスタートさせる。










出演者3組目、紹介のラストを飾るのはローリングピアノマンことリクオさん。
もともとソウル・フラワー・ユニオン( http://www.breast.co.jp/soulflower/ )が大好きなのですが、リクオさんの事も彼らとの繋がりから知りました。

「憧れのアーティスト」は割といるのですが、それに対し数少ない「尊敬するアーティスト」の1人がリクオさんです。
演奏・MC・人柄に至るまで彼が作り出す空気全てがとにかく素晴らしい。
こんな言葉で片付けてしまうのは非常に申し訳ないですが、本当に素晴らしいとしか言えません。
僕はリクオさんのライブを観た後は必ず「幸せだ」という気持ちに満たされて帰ります。今回初めてリクオさんを観るという方もいらっしゃると思いますが、是非この気持ちを共有できれば幸いです◎

そして今年もリクオさんが『ほうぼう』で出会った様々なアーティストとコラボレーションするイベント「HOBO CONNECTION」が3月10日から各地で開催されます。
どの会場もその日しか観れないコレボレーションがたっぷりの夜になると思いますのでこちらも是非どうぞ!
http://www.rikuo.net/hoboconnection/


次の更新で最寄りのJR相生駅から会場の明顕寺までの徒歩経路をお伝えします。


posted by ゆんける at 11:53| Comment(2) | 今日のこんだて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ブラジャー
Posted by メンズ ルブタン at 2013年08月05日 14:57
ヴィクトリア ミスト
Posted by ブランド ブレスレット at 2013年08月07日 02:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。